カテゴリ: 走行会

11/20「輪遊クラブ」4名様と井川笠張峠周辺へ林道ツーリング。
輪遊の皆さんはレンタカーの箱バンで東京方面から、わたしたち2名は
乗用車で新東名の新静岡インターチェンジを目指します。
高速を降り、駐車に支障のない場所を探してデポ。雨のあがった日曜日とあって
おそろいのチームジャージや老若男女のローディーを多く見かけます。
DSC00067
途中の風景も一味違う
 
メインの林道方向にバイクを走らせると、なかなかいい勾配ですぐに汗。
DSC00070
各々に「脱皮」をして着ているものを調整です。程なく走ると渓流に架かる
臥龍橋から望む権現滝に到着。しばし休憩をして山深くなってきた渓谷を楽しみます。
DSC00075
DSC00071
DSC00073
再び走り出し、横沢大間林道の入口で昼食。恒例のカップラーメンタイムで
エネルギーを補給し、後半の「苦行」に備えます。
DSC00080
まさにそれはやって来ました。8〜10%の勾配は当たり前、11〜15%も頻繁にあって
修行そのもの。約2kmくらいをひたすらがんばって尾根道へ。
DSC00094
DSC00096
ここからは計画していたコースだと時間が足りないということで笠張峠から
下ってデポまで戻ることになりました。静岡井川周辺恐るべし。
DSC00099
山の奥深さを満喫しつつデポ地に向かいます。
DSC00101
富士山も雲間からチラッと。
DSC00102
DSC00104
DSC00114
DSC00116
でも、とても魅力的なコースなのでまた機会があればチャレンジしたいですね。
帰りは東名が御殿場辺りから行楽帰り( 私たちも同じ?) &事故で大渋滞。
御殿場で一旦降りみんなで食事をしたので、その間少しでも解消されればと
思っていましたが、そうもいかず輪遊クラブさんたちは帰宅が0時近くに
なってしまったそうです。自由度の高いカーサイクルですが交通事情に左右される
デメリットもあります。こればっかりは仕方ないです。お疲れ様でした。

当日のログです。ルートラボにデータをインポートしました。

10月2日に出かけたRCC輪遊クラブさんとの合同企画ランです。
御殿場駅から5人で輪行、国府津経由で横須賀駅へ。
IMG4244

IMG_1626
シャツを下ろし忘れてカッコ悪い、私...
IMG4245
IMG_4249
横須賀駅から走り出し、輪遊クラブさんと横須賀中央駅付近で
待ち合わせをするもなかなか落ち合えず、三笠公園を目指すことに。
MIKASA
戦艦三笠が鎮座する三笠公園で合流。総勢9名でのランがスタートです。
灯台を望む観音崎公園で小休止。

IMG1627
曇り空の走りやすい気候の中を進み、ペリー公園到着。
IMG1628
IMG_4255
IMG4257
歴史にふれあいつつ、海岸沿いをひた走り昼食目的の三崎漁港へ。
穴場と言われたお店に行ってみると30分待ちの行列。時間が足りなく困っていると
声をかけてお店を紹介してくれる方が。
IMG4261
そのお店で各々漁港ならではのおいしい食事をすませて鎌倉方面へ向かいます。
途中三崎口駅付近で輪遊クラブの1名の方とはぐれてしまい、ここで別れることにしました。
後は大渋滞のクルマを横目に海岸線を辻堂駅まで走って帰路の電車に乗り込みました。
 
本日のログは昼食時にロストしてしまいました。残念...
20161002log
 

RCC輪遊クラブさんの走行会にオーナーと参加させていただきました。
今回はダート走行を考慮して「赤い戦車」こと30年選手のクロモリクロスMTBで
出かけます。
この参加を前にオーナーの使っていたシュワルベのタイヤを安く譲っていただいたので
車重も軽くなり体力の消耗も少なくなりそうです。
 160221Q
お店からオーナーと待ち合わせをしている乙女峠へ。
160221O
 朝方なので風もまだ冷たく、けっこう強い向かい風です。
乙女峠でオーナーとおちあい、集合場所の芦ノ湖畔桃源台を目指します。
160221R
160221N
160221M
乙女トンネルを通過。
160221L
逆方向の風景ですが、開放感のある名所です。
160221K
8時20分ごろ乙女峠をスタートして9時10分くらいには到着。
160221S
小田急東名高速バスで来る輪遊クラブの皆さんを待ちます。
湖畔に降りてみると多くの観光客の方が冷たい風が強く吹く中、記念写真を
撮っていました。
160221T
また、火山活動で運休していたロープウェイも運行を再開。
箱根観光の復活には追い風ですね。
160221U
160221P
そうこうしているうちに輪遊クラブの皆さんが乗車されているバスが到着。
160221J
160221I
それぞれのバイクを組んで整備が終わったら出発。
芦ノ湖沿いを走って大観山に向かいます。
 160221H
img_1_m
きつめの勾配をこなしていき、大観山展望所手前で一休み。
160221F
160221V
160221G
眼下には芦ノ湖や遠く海に浮かぶ初島、大島を眺めます。
160221W
160221GG
ここからあと標高約100mを上って展望所に到着です。
160221X
160221PRM2
名所で絶景パノラマ ( 残念ながら富士山は少ししか見えませんでした ) を眺めた後は
白銀林道入口まで下ります。
160221Y
160221E
林道突入を前に腹ごしらえ。楽しい昼食です。
160221D
160221BB
エネルギー補給が終わったら楽し苦しの「林道劇場」はじまり、はじまり。
短い隧道を抜けた林道入口手前には灯籠がたくさん。160221C
写真のような気持ちいいダートは少なく、昨日の雨で流れ出た枯れ葉やガレ石
折れた木枝などで走りにくい事この上なし。でも、それが林道ランの醍醐味です。
160221B
IMG_3346
img_3_m
いろいろな路面状況を味わいながら、途中真鶴半島を見渡せる公園で一休みして
疲れを癒やします。
160221DD
 160221CC
160221Z
img_17_m
なかなか走りごたえのある26.73kmを終えると本日の行程も終了間近。
160221FF
160221AA
ここから小田原駅まで走り、輪行で帰ります。   小田原駅前
100221WW
小田急線で新松田駅についた時にはすっかり日も暮れ、御殿場線松田駅のホームからは
松田ハーブガーデン河津桜のライトアップが17時56分発の列車を見送ってくれました。

充実した一日を無事に走り切ることが出来て楽しい走行会でした。
ありがとうございました。お疲れ様でした。
160221XX

本日のログです。
160221LOG

 実走行ログのルートラボです。
 

オーナーの企画で「旧東海道・一里塚探索」に参加させてもらいました。
朝6:35発の御殿場線国府津行きで国府津駅まで輪行。
IMG_1485
 国府津駅を出発し「一里塚」のポイントを訪ねながら横浜方面へ。
IMG_1490
160103d

IMG_1491
IMG_1492
160103c
沿道には箱根駅伝復路の応援で観戦者がすずなり状態、選手気分でペダルを踏みます。
160103b
途中で休憩をかねて観戦。
GP233
写真は1位青山学院大学の通過シーンです。
160103a
観戦後は再び旧東海道の名残りを求めて走ります。
IMG_1495

IMG_1496
IMG_1497
年に一度の貴重な経験をして横浜駅へ。
160103e
横浜駅15:30発の湘南ライナーで電車の人となりました。

本日のログです。
160103log

実走行ログのルートラボです。

今日はRCC輪遊クラブのMさんと ( 企画は輪遊クラブさん ) 山梨の
「ほったらかし温泉」を目指します。
IMG_2751
クルマを使った6輪 ( シックスホイール ) 企画、オーナーと
Mさんと待ち合わせ場所の塩山駅方面に出発し、一宮御坂インターチェンジ近くの
無料駐車場に駐車。
IMG_2754
ここから10kmほどバイクで走り塩山駅へ到着。
IMG_1335
Mさんと合流して林道「桜峠」経由で温泉へ。
「桜峠」への途中はきれいに実った柿やこの地域ならではのぶどう棚を見ながら進みます。
IMG_1348
DSCN6922
しかし、この「桜峠」が素晴らしい難所。オーナーと私はロードバイク
MさんはいつものMTB、とてもロードバイクで走れる路ではありません。
IMG_1354
 20%を超える激坂が点在し、ガレ石や太めの木の枝が散在。
さらに湿った落ち葉に覆われてトラクションがかからないので押し上げます。
それでも距離はそれほど長くなく、峠頂上に到着。
IMG_1368
 開けた木々の間からバランスの良い雲をまとった富士山が見られます。
時間がちょうどいいのでうれしい昼食タイムにしました。
IMG_1365
 恒例の昼食を済ませてこれからはきびしい路面の下りと格闘です。
IMG_1373
 速度を調節しながら慎重に下り、林道区間を終了。
でも、温泉へ向かう舗装路も13〜14%の激坂が続きます。
IMG_1379
IMG_1381
IMG_1394
疲労感満載で着いた温泉は大パノラマの露天風呂。風呂場からの写真を
お見せできないので「ほったらかし温泉」URLのリンクを載せておきます。
「ほったらかし温泉」http://www.hottarakashi-onsen.com
IMG_1390
こんな感じの風景を見ながら湯に浸かれます。( 温泉近くの道脇から撮りました )
こころもカラダも癒やされて帰路に。輪行するMさんと山梨市駅で別れて
クルマまでまた約10km走って戻り、無事帰還しました。

本日のログです。
151105log

 

↑このページのトップヘ