2015年10月

日々の練習用に使っていた「ミシュランダイナミックスポーツ」が摩耗。
何度か前後をローテーションしてきましたが、下地のコードが出てきたので
さすがに交換時期です。
 IMG_2738
ヒルクライムイベント専用 ( いわゆる決戦用 ) としていた
「コンチネンタルグランプリ4000sⅡ 25C」を使うことに。
IMG_2739
IMG_2737
 まだ摩耗度を示すマークがくっきり見える状態。25Cなので乗り心地も
ちょっとマイルドに。グリップはとても良いのでしばらくこれで頑張ります。

輪遊クラブさんの10月ランに参加させていただきました。
高速バス輪行で桃源台に到着されるとの事なので、私は自走で向かいました。
IMG_1250
久しぶりに乙女峠を越え、準備してきたライトを使って乙女トンネルを通過。
クルマで通過するとあっという間のトンネルもロードバイクで通ると思ったよりも長く
怖いものです。トンネルを抜けて仙石原までは下り、「仙石原」交差点を右折して
芦ノ湖方面へ。芦ノ湖畔の桃源台までまたひと登りです。
天候に恵まれて高コントラストの景色を進み、しっかりと汗をかいて着きました。
IMG_1255
IMG_1256
IMG_1263
IMG_1260
有名なロープウェイは火山活動に伴う入山規制で運休中。それでも外国人観光客の
方は湖畔でも多く見かけます。
IMG_1262
写真を撮ったり、バイクのチェックをしている内にバスが到着し
( 写真のバスは普通の路線バス ) 「輪遊クラブ」4名の方と合流。
IMG_1265
IMG_1266
IMG_1268
早速みんなバイクの組立をして準備が出来ると出発です。
IMG_1271
小涌谷方面に向かう途中に富士山登場。
IMG_1273
IMG_1272
噴火警戒レベル2の入山規制で通行止め。目的地方向は強羅方面なので
ここを左に曲がります。
IMG_1274
途中水蒸気が大きく上がっているのが見え、硫黄の匂いが鼻を突きます。
強羅駅までは一気下り。観光客にぎわう名所で休憩・バイク調整・食料調達です。
IMG_1282
細かいアップダウンがあっても走りやすい舗装の足柄林道を進んで行くと
右側に少し色づいた木々が散らばる高い風景に癒やされます。
IMG_1283
本編の「久野林道」手前で腹ごしらえ。
IMG_1288
恒例の携帯ガスコンロでお湯を沸かし、カップラーメンを楽しんだ後は
今回メインの「久野林道」走行へ。
IMG_1291
落ち葉や木っ端が散らばる両脇木立の路を走り続けると
大きく切り開かれた絶景ポイントに出ました。
IMG_1297
151018PRM
しばし、みんなで景色を堪能。
IMG_1301
切りだされた木材がうず高く積まれた場所にも遭遇。
その後は快適に走ってきた舗装路ではなく、本格的なグラベルが待っていました。
割りと大きめのガレ石もあるアップダウンに私のロードバイクに装着された
700 X 23C タイヤは悪戦苦闘。なんとかこらえて乗っていましたが
一度身体の左側を下にして転倒。が、バイクにも身体にもダメージは無く
( 打撲で痛かったですが ) 林道終点の大雄山付近に到着です。
IMG_1306
20インチのミニベロで参加されたお二人は私同様かなり苦労されていました。
皆さんそれぞれの走りを楽しんだ充実したランでした。
輪遊クラブの皆さん、参加させていただきありがとうございました。
 151018A
151018C
151018H
151018G
行程動画です。
  

この後4人の皆さんとは小田急線の開成駅付近で別れ、私は御殿場線の
松田駅へ。17:20発の三島行で電車の人になりました。
IMG_2695

本日のログです。
151018log



冬の訪れを告げる富士山の初冠雪です。
ライディング前に付ける心拍センサーベルトの冷たさでも
季節の変化を実感します。
IMG_1246
IMG_1248

 

えらそうなタイトルですが、富士スバルラインで富士吉田口五合目に行きました。
これで静岡県側の3本ライン「あざみライン須走口五合目」・「御殿場口五合目」
「富士山スカイライン富士宮口五合目」
山梨県側の「富士スバルライン富士吉田口五合目」
あわせて4本ラインを今年走破しました。
 
今日の天気は抜群に良くて ( 風がやや強かったのですが ) 行程中ドピーカン。
富士北麓公園までクルマで移動し、富士吉田口五合目を目指します。
IMG_2651
料金所で200円を払おうと準備をしていくと今日は自転車無料。
IMG_2653
得した気分でペダルを踏みます。気温15度くらいで風があるので、ウインドブレイカーを
着てスタートしましたが、1kmほど乗ると暑くなってきて脱皮。
後は総距離24kmのスバルラインをひたすら上ります。平均勾配5.2%と言われるように
7〜9%があったかと思うと緩やかな2〜4%が現れるという繰り返し。
 
上るにつれ気温が下がってきてサイコン上で9度くらい。風が有り、上る左車線端は
日差しがあまり当たらずかいた汗が冷えてきたため、標高2020mの大沢駐車場で
再びウインドブレイカーを着込みます。ここから21km付近まで最大約10%の勾配が
時々ある上り。これを越えるとほぼ平坦路が五合目駐車場手前まで続きます。
そして、五合目到着。そこは観光バスと観光客でごったがえしてました。
IMG_2655
IMG_2659
IMG_2664
IMG_2677
聞こえてくるのは日本語以外の言葉ばかり。あまりの喧騒に休憩所のトイレを利用して
汗で濡れたウエアを全部着替え、耳あて・冬用グローブ・上下ウインドブレイカーで
早々に下山開始。標高2000mを超えた道路沿いの木々は色づいてきました。
IMG_2682
持ってきたおにぎりを落ち着いて食べられなかったので、先ほどの大沢駐車場に
立ち寄り、五合目では撮るのも忘れたバイクの写真を撮影してエネルギー補給。
IMG_2685
また、下り始めます。勾配がそんなにキツくないぶんブレーキ引きっぱなしでは
ないのですが、24kmのダウンヒルはさすがにしびれます。
 
無事に下りきり、富士北麓公園駐車場からクルマで帰路につきました。

本日のログです。
151007log

 

↑このページのトップヘ